2021 summer recipie 天然酵母で作る「ピスタチオのスコーン」の作り方

ホシノ天然酵母を使った夏のパンレシピ公開中です。

3回目は、天然酵母で作る『ピスタチオのスコーン』のrecipeです。

スコットランドに起源をもつと言われているスコーンを、天然酵母で仕立てました。

発酵させることにより、生地と生地の間にできる空気がさっくりとした食感を作ります。

ひと口ほおばると、ピスタチオのコクと香ばしさと生地の甘みを一度に感じることが出来ます

天然酵母で作るから出来る、自然の甘みがあって体に優しいお菓子です。

 

<材料> 4個分

・国産薄力粉 150g

・砂糖 8g

・塩 0,5g

ホシノ天然酵母生種 9 g

・卵黄 10g

・卵白 5g

・牛乳 23g

・バター 45g

・ピスタチオ 30g

 

<作り方>

①ボールの中で、ふるった薄力粉の上にバターをのせ、粉をまぶしながら指先でバターをつぶして小さくし、サラサラの状態になるまで両手ですり合わせてバターを細かくする。

②フードプロセッサーに5~6秒かける

③別のボールに、塩・砂糖・の牛乳・卵・ホシノ天然酵母生種を入れ、泡だて器でよく混ぜ塩・砂糖をよく溶かす。

④③のボールの中に②を加えよく混ぜ、ピスタチオも加えてひとまとめにし、厚さ1,5cm以上×幅10×15cmの長方形にする。

⑤ラップで包んで1時間以上休ませる。

⑥生地を2等分して重ね(縦長)厚さ3㎝×幅5cmの長方形に形を整える。

⑦直径5cmの丸方で抜く。

⑧12時間以上冷蔵庫で発酵させる。。

⑥12時間以上発酵後~冷蔵庫から出し室温に30分置いて、生地の温度を戻す。

⑦200度に予熱したオーブンで約20分焼成。

発酵を控えめにする事と焼き加減がポイントです。焼成温度は、お持ちのオーブンで調整して下さい

 

・※只今コロナ感染拡大防止のため、「1日体験レッスン」は行っておりません。季節のレッスン」でお試しください。

レッスンは大阪豊中・北摂の自宅キッチンで行っております。(最寄り駅は、地下鉄千里中央 又は 阪急南千里)

 

 

関連記事